シミ対策ならトレチノイン

シミが気になる年齢っていくつでしょうか?だいたいの女性が30代後半から気になると思います。こちらではシミに効くと言われているトレチノインについて紹介していきますので参考にしてください。

プラセンタ配合ボディミルクとトレチノインでのケア

カミソリなどでの自己処理や日焼けで、腕や脚、背中などに色素沈着やシミが出来てしまった、という悩みを持っている方も多いでしょう。
色素沈着はシミは、肌にメラニンが沈着して起こる肌トラブルです。
紫外線を浴びたり、無駄毛の処理など何等かの原因で肌にダメージが加わると、皮膚を守ろうとしてメラニンが大量に作られます。
メラニンは肌のターンオーバー作用により、最終的には垢として排出されますが、ターンオーバーの周期が遅くなってしまうと、いつまでも体外へと排出されません。
肌の中に残ったメラニンが、色素沈着やシミとなって、肌表面に現れるのです。

プラセンタ配合のボディミルクは、体に出来る色素沈着やシミの予防に有効と言われています。
プラセンタは成長因子やコラーゲン、ヒアルロン酸など様々な美容成分を含んでいます。
肌細胞の働きを良くしターンオーバーの周期を、正常に戻す効果があるようです。
ターンオーバーの作用が働けば、メラニンを含んだ細胞の排出もスムーズになり、結果シミや色素沈着を予防できます。
ただ、プラセンタ配合のボディミルクは、あくまで予防としての効果しかありません。
今出来ているシミや色素沈着を改善するなら、ボディミルクだけでなく「トレチノイン」を配合した、外用薬でケアしましょう。

トレチノインは美容皮膚科など、クリニックで処方される外用薬に含まれる成分です。
トレチノインは浸透力に優れており、肌の奥深くにある細胞の働きを活発にし、ターンオーバーの作用を高めます。
メラニンを含んだ細胞の排出が早まるので、トレチノインは今できている色素沈着やシミを消す効果は、ボディミルクなどのコスメとは比較にならない程優れています。