シミ対策ならトレチノイン

シミが気になる年齢っていくつでしょうか?だいたいの女性が30代後半から気になると思います。こちらではシミに効くと言われているトレチノインについて紹介していきますので参考にしてください。

トレチノインはかゆいけれどずぼら美肌になる

 年を重ねても綺麗な肌でいたいと願う方は多いです。
しかし、25歳はお肌の曲がり角と言われることもありますが、若い頃のお肌を維持していくことは大変なことです。
元々お肌が強くトラブルが出ない方もいますが、シミや大人ニキビに悩んだ経験を持つ方も多いです。
美白化粧品など試してみたけれど、あまり効果を感じられないと悩む方もいます。
アメリカでは、トレチノインを使用してニキビを治したりシミを薄くする方法があります。
ニキビ薬として有名なものでしたが、強いピーリング効果もあり、ターンオーバーを早めることができますので、薄いシミや薄いシワにも効きます。
使用を続けていると、周りの人からもずぼら美肌だねと誉められる肌になれます。
トレチノインは、副作用として使用しているとかゆいことが挙げられます。
使用してからすぐには何も反応は出ないのですが、1週間程経つと肌がかゆいと感じます。
そして、乾燥肌になり常に保湿クリームを欠かせない状態になるのです。
個人差もありますが、肌が赤くなる方もいます。
この反応に驚かれる方も多いですが、トレチノインの作用が働いているということです。
皮がめくれたり、肌がかゆいと感じるので、不快になる方もいますが、この時期を乗り越えればずぼら美肌が手に入ります。
トレチノインは続ける程に、ニキビやニキビ跡の改善が見られます。
使用している間は、紫外線に当たるとシミが出来やすくなりますので、ハイドロキノンと併用して使うことをお勧めします。
外出する時には、日焼け止めクリームを顔全体に塗り、帽子や日傘も利用して紫外線を防ぎましょう。
ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも言われるもので、美白効果もあります。
この二つを併用すれば、ずぼら美肌も夢ではないです。